スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ BlogPeopleランキング FC2ブログランキング

忌野清志郎という星

清志郎が逝った。

58歳、あまりにも早すぎる死。

3年前、喉頭がんが判明したときに彼が送ったメッセージ。

kiyoshiro.jpg


「何事も人生経験と考え、この新しいブルースを楽しむような気持ちで治療に専念できればと思います。」

こんなこと簡単には言えない。
ファンに対して気丈に振舞おうとしたのかもしれない。
本当の気持ち、それは彼にしか分からない。
でも、この言葉で多くのファンが勇気付けられたことだろうと思う。
実際、この1年半後、彼は一旦は完全復活を遂げている。
その後、腰への転移が判明した時だって、「これくらいのことは覚悟してたから心配するな」と言ってくれた。

がんに比べれば私の病なんて、どうってこと無いものなのかもしれない。
でも、同じように病と闘う者として、勇気と前向きな気持ちを分けてもらったことは間違いない。
彼のロックンロールに魅せられた一人として、これからもこの気持ちは忘れないだろう。

さようなら清志郎。
向こうでもばっちりキメてくれ。
スポンサーサイト
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ BlogPeopleランキング FC2ブログランキング

It's My Treasure

バンドの仲間たちと練習スタジオに入った。
スタジオなんて本当に久しぶりだ。
最後に入ったのはいつだっただろう。
5年、いや10年近く前かもしれないな。

アンプにギターをつないで大音量で鳴らす。

こんなに音デカかったっけ。

懐かしい気分。

それから2時間ほど、事前に決めていた6曲ほどを次々に演った。
いいオッサンがコゾーの気分になって、R&Rを次々に演った。
みんな久しぶりでなまってたけど、おかまいなし。
この面子が集まれば何とでもなる。

本当に楽しかった。

これだけはジジイになってもずっとやっていたい。
ストレス・マネジメントなんて小難しいもんじゃないけれど、こうして集まってバンドをやることで、すごく救われる気がする。
家で一人で音楽聴いたりギター弾いたりしてるだけじゃ得られない爽快感。

きっとこうして楽しみを形にしていくことが大切なんだろう。

人によってそれは、ゴルフだったり、釣りだったり、旅行だったり、夜遊びだったり、それこそいろいろ違うんだろうけれど、私にとってそれはバンドなんだと思う。
ギターでも、お気に入りのCDでもなく、仲間とやるバンド。
それが一番の宝物だ。

次はいつ演ろうか。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ BlogPeopleランキング FC2ブログランキング

Clearness

キロロを聴いた。

とても澄んだ声で歌うボーカルと、これまたクセのない綺麗な伴奏を聴かせるピアニスト。
知ってはいたけれども、こんなふうに意識して聴くことなどなかったし、これからも好んで聴くことはないかもしれない。
妻が借りてきたCD。
ベスト盤かな。
知っている曲も多い。
下の子が彼女らの曲を気に入ったらしく、寝かすときに聴きたいとせがまれてかけてあげた。
しばらく一緒に横になって聴いていた。
子供がそっと歌いだした。
割りと上手に歌う。
知らないうちにこんなふうにうまく音程がとれるようになっていたんだな。
歌詞も、ところどころ間違っているけど、ちゃんと覚えてるみたいだ。

悪くない。
とても美しいと思う。
すごく清らかで、伸びやかで、朗らかで、明るく、澄んでいる。
絶対に悪いものではない。
でも、なにか相容れない壁を感じてしまう。

綺麗なものを綺麗だと、正しいものを正しいと、楽しいことを楽しいと、素直に感じられる心。

私には、無い。

例えば、キロロ。
例えば、ディズニーランド。
例えば、ドラえもん。
例えば、感動のドキュメンタリー。

妻には、ある。

というよりむしろそういうものが大好きだ。

決して子供っぽいわけでも、世間知らずなわけでもない。
私に比べれば、ずっと立派な大人だ。
それでいて、素直に物事を受け入れて、感動し、楽しめる心をちゃんと持っている。
根も茎もひん曲がってしまった私には、もうウンザリしていることだろう。

たまに家族で楽しく過ごしていても、私のちょっとしたつまらない言動で白けさせてしまうことがままある。
それはたいてい、皮肉な言い回しだったり、邪推だったりする。
昔は、そういうことを言えることがかっこいいと思っていた。
なんか、「わかってる人」っぽくてエライと思っていた。
物事の裏側を見ることが「達観」だと勘違いしていた。
今ではもう、そういうものの見方が染み付いてしまって取れない。
そして、こうして他人の世話になりながら生活することになって、とても恥ずかしく思う。
自分の言ったことを全部消してしまいたい。
別に誰もおぼえちゃいないけど。
このブログに対してもそういう思いが無いわけではない。
でもまたこうして更新している。
もう、またわけわからんことになってきた。

とりあえずわかっていることは、「吐いた唾は呑めぬ」ということ。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ BlogPeopleランキング FC2ブログランキング

やっぱすごいわ

あらためてその凄さを実感した。
なにがって。

THE BEATLES さぁ。

えと、私もMIXIなるものをやっております。
といっても、普段は数人の友人との連絡やらなんやらに使ってたりするだけなのですが、そのMIXIの機能に「MIXI MUSIC」というのがあります。
これを使うとiTunesWMPなどの音楽再生アプリと連動して、その再生履歴を記録し、ランキング表示することができるというスグレモノ。

で、これが私の現在のランキング。
miximusic.jpg
(クリックで拡大表示)

ビートルズがダントツのトップでございます。
まあ、ビートルズは確かに好きなのですが、後ろに並ぶ錚々たる面々も同様に、いやそれ以上に大好きなのです。
T.REXとかジミヘンとか、もう神。
(ちなみに、現在の私の財産、全727アーティストによる、アルバム1372枚、計16068曲、なにかにつけ売っちまえと言われる・・・)

しか~し、ランキングは大差でビートルズ首位。

なんでか。
秘密はiTunesの再生設定の仕様にあった。

iTunesでは、ランダム再生時に自分のつけたレート(お気に入りマークのようなもので星マーク0個から5個まで6段階つけることができる)の高いものを多めにプレイさせることができます。
でもって、マイレートの高いものはというと、ダントツでビートルズの曲が多い。
もちろん、「これは抜群に好き、墓まで持っていく!」という曲もあるにはある。
けれどもそれ以上に、「これは大事やな」とか「これは押さえとかなあかんやろ」という曲がめちゃくちゃ多いのだ。

つまりは、「基本」。

ビートルズは初期から後期にいたるまで様々な作品を発表した。
残念ながら私はそれをリアルタイムで体験してはいないのですが、その発表は常にセンセーショナルであり、同時にとてもポップであった。
様々な実験的な試み(それが時には偶然の産物であったとしても)は、数え切れないほどのフォロワーを産み、永く現在に至るまでその影響力をまざまざと見せつけている。
「すべてはビートルズがやりつくした」とまで言われるほどに。
しかし、実際のところ、彼らは本当の意味での「オリジネーター」ではなかったりする。
フィードバックしかり、コンセプトアルバムしかり、斬新なコード進行、アレンジ、ミクスチャー・・・。
もちろん彼らの実験精神は旺盛だったし、ビートルズオリジナルといえるものももちろんある。
一方で、より前衛的な実験音楽を追求するアーティスト達もまた大勢いたし、それなりの成功を修めているものや、のちに再評価される重要作品といったものも少なくない。

要は、世をうならせる新しい音が、「ビートルズが演る」、「THE BEATLESの名の元にリリースされる」ことによって、一気に圧倒的な大衆性を孕むことができたということ。

「ビートルズの新作でたよ。」
「いいね、いい感じ。」
「ん?」
「これ何の音?」
「なんかどっかの民族楽器だよ。」
「へぇ~。」
「でも、いいね、いい味出してる。」

なんてふうに、実験の結晶がポップな中にもいい感じのスパイスとなり、自然に時代を刺激しリードしていく。
誰もが知っている名曲から通ウケするサウンドまで、そのすべてがビートルズ。
だからここまで大きな存在となった。
そういうこと。

・・・と、なんだかとりとめも無く生意気を書き連ねてしまったが、それほどまた私も新鮮な再発見に喜んだ一人なのでした。

やっぱ凄いわ。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ BlogPeopleランキング FC2ブログランキング

4月の風に

4月。
期が替わり、いたるところで新しい風が吹き、独特のフレッシュなムードに社会は包まれる。
私は変われるだろうか。
私は這い上がれるだろうか。

殺人病棟(紙ジャケット仕様)
STUPIDITY / Dr.Feelgood (1976)


スタート地点に置いてけぼりにならないように、勢いつけて跳んでみよう。
このアルバムの音のようにシャープにストレートにいけたらいいな。

・・・朝になったら波止場で会おう。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ BlogPeopleランキング FC2ブログランキング

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archives

10  07  06  05  01  11  09  08  06  05  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  07  06  05  04  03 

Author : So Alone

難治性反復性うつ病患者。
’05年2月、抑うつ状態で休職。
なんとか復職するも再発を繰り返し、やむなく退職。
その後、再起を賭けた3度の転職もことごとく失敗。
これからの生活に不安を抱きながらも、必死に前を向いていこうと思いたいけれど・・・。

趣味:音楽。
ロックを中心に何でも聴く。
PSYCHE風味やR&B風味の効いたPOPやけどGUTSのあるギターサウンドが好物。
自分でもちょこっとギター弾いたりなんかもする。
ジジイになってもROCKなバンドやりたいなと勝手に思っている。

ご気分を害するような記述がございましたらお許しください。
戯言・泣言・寝言の類は軽くスルーしてやってくださいな。

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。