スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ BlogPeopleランキング FC2ブログランキング

パパはいつでも君たちを愛している

DVDで子供達と見た「ROBOTS」。
ロボッツ 特別編
ここでも父親は子供にとっての太陽だった。
あきらめることなく夢に向かっていくことの大切さを説き、背中をそっと押してやるやさしさ。
決して皆から敬われるような大人物や社会的に強い存在ではなくとも、子を愛し誇りに思う心の美しさ強さが希望と感動を与える。
そして、子にとっては、いつでも帰ることのできる大きな暖かい存在として彼は描かれる。

家族の一番後ろに座ってそれを見ながら、何粒の涙が流れたかわかりません。

ファミリードラマにめっきり弱くなってしまった私にとっては、少し忘れられない映画になりそうです。



そういえば、

これも
ファインディング・ニモ

これも
Mr.インクレディブル

泣いちゃったなあ・・・・・(恥)。

人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ BlogPeopleランキング FC2ブログランキング

コメント

人を好きになり 好かれることがいかに
大事かよくわかりました^-^

感動の涙は恥じじゃないですよ。 
私なんか、涙腺緩みっぱなしで、いつも涙そうそうです^^;
泣きたいときには泣いたらいいんです、、、

>フリーアドバイザーさん、コメントありがとうございます。
ほんと、その通り。
せめてわが家族には愛し愛されたいと切に思います。
>yukiさん、どうもありがとうございます。
いやいや、ほんとにもうユルくなっちゃって困りますわ。
「パパ、泣いてんの?」なんて子供につっこまれたりして、またその状況になんかグッときちゃったりしてね・・・。
非公開コメント

Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Archives

10  07  06  05  01  11  09  08  06  05  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  07  06  05  04  03 

Author : So Alone

難治性反復性うつ病患者。
’05年2月、抑うつ状態で休職。
なんとか復職するも再発を繰り返し、やむなく退職。
その後、再起を賭けた3度の転職もことごとく失敗。
これからの生活に不安を抱きながらも、必死に前を向いていこうと思いたいけれど・・・。

趣味:音楽。
ロックを中心に何でも聴く。
PSYCHE風味やR&B風味の効いたPOPやけどGUTSのあるギターサウンドが好物。
自分でもちょこっとギター弾いたりなんかもする。
ジジイになってもROCKなバンドやりたいなと勝手に思っている。

ご気分を害するような記述がございましたらお許しください。
戯言・泣言・寝言の類は軽くスルーしてやってくださいな。

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。