小さな太陽

唐突ですが、昨日の記事に頂きましたYuki様からのコメントに私、深く感銘を受けました。
コメント欄には収まりきらず、また、おそらく私にとって大きな転機にもなりそうなほど心に響く言葉でしたのでこの記事欄でレスさせていただきたいと思います。

頂いたコメントは以下の通りです。



ログログからやってきました。たしか以前にもおじゃました記憶があります。 
北風と太陽の寓話はご存知でしょうか。 
貴方が太陽なのです。それ以上、それ以下でもありません。あなたの家族の中で貴方が太陽なのです。北風になればまわりもコートの襟を立てその心のカラを脱ぐ事はできません。たとえ、つかの間の陽だまりでも太陽の照らす灯は暖かいのです。 
家族という小さな宇宙には、太陽は貴方しかいないのです、、、 
太陽は大きな存在です。貴方のかわりはいないのです・・・ 
太陽はささいな事は気にしません。 
ただただ、自分の宇宙に光を注ぐばかりです・・・



読ませていただいてしばらくは呆然としていました。
実はコメントに気付いてBlogを見たのは仕事場だったのですが、危うく涙しそうになりました。
そう、こんな言葉を私は待っていたのかもしれません。
こんな風に考えることができる人になれればどんなにか幸せだろう。
いや、少しでもこうあることができれば、それだけで幸せじゃないか。

私は今まで、間違いなく「北風」になっていました。

うつになり休職し、一家の柱としての自信をなくしていた(いや、柱でいることを放棄していた)私は「休養する」という言葉を履き違えていたように思います。
「誰に対しても心を開かず、すべての面倒なことを放棄し、ただじっと自己に閉じこもったまま気ままに過ごす。」
確かにそうすることである程度のストレスからは逃れることができました。
しかし、それは常に喪失感や虚脱感に覆われた孤独なものでした。
そして、家族に対しても・・・・・
「俺は今こういう状態なんだから理解してうまく付いて来てくれよ。」
くらいの自己中心的な感情でしかなかった。
いや、それも確かに間違いじゃないかもしれないし、事実、うつのひどい時にはこんな(あるいはもっと低劣な)考え方しかできないのが普通だろう。
しかしそんな思考回路に頭が慣れてくると本当のやさしさや本当の安らぎが見えなくなってしまう。

私は・・・妻に、私の「太陽」でいてくれることばかりを当たり前のように望んでいました。
・・・・・子供達にさえも。

「今は私が癒されるべき番で、周りのすべてがそうしてくれないと困るんだ」と。
いつもそんな思いで、被害者面を下げて、同情を期待していた。
・・・・・いや、あまり自分を卑下するのはよそう。
そんなことはもうどうでもいい。

今日から私は、せめて私の家族にとっての「太陽」であろうと決めた。

今日は帰ってからもできるだけ笑顔でいようとした。
子供達は輝くような笑顔で迎えてくれた。
妻は・・・少し怪訝そうな顔をしながらも、微笑が見えた。
きっと「今日はどうしたんやろ」って思ってるんだろう。
妻にはこのBlogのことは内緒にしてあるから、今は詳しく説明できないけれど、私がこの先もずっと「太陽」たらんとすることができればそんなことはどうでもいい。
もうずっと私の北風を受け続けている彼女の「太陽」にもう一度なれればそれでいい。

そして、暖かな光の中をみんなで旅できる日がきっと来る。


追伸
Yukiさん、本当にありがとうございました。
Blog拝見しております。
Yukiさんの太陽たらんとされている姿に感服いたします。
お邪魔かもしれませんがTBさせていただきました。

人気blogランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ BlogPeopleランキング FC2ブログランキング

コメント

SO_ALONEさんトラックバックありがとうございました。記事拝見しました。 
 
人は弱いものです、かくいう私も弱い人間です。妻にもいままでつらい想いをさせて来ました。そのつらさは南極の氷位に暑いものです。 
でも、その厚い氷でさえ、自分が太陽になろうと決めた時、、、 
溶かす事ができるのです。少しづつ、少しづつ、 
自分を卑下する必要はありません。ただ、人は皆弱いものだということを知ればよいのです。 
自分の弱さを知った時、人に頼らず生きていくことができます。矛盾するようですが、そういう事なのです。 
自分の弱さを知った時、他人もまた弱いものだと知る事ができるのです、、、 
 
これを機会にまた遊びにきてください。 
わたしも、またおじゃまします。 
こらからもよろしくお願いいたします。

突然ですが、yukiさんの所から来ました
少しだけ読ませて頂きました
それぞれがそれぞれの太陽でいられれば?いいのではないでしょうか・・・
分けが分からないコメントすみません

>yukiさん、頂いたコメントの件は今もずっと私の行動指針としてチカラの源となっています。
本当にありがとうございました。
>菜乃葉さん、はじめまして。
お立ち寄りいただきありがとうございます。
そうですね、それぞれがそれぞれの太陽であるようにお互いを照らし、ぬくもりをわけあえる。そんな関係がすばらしいと思います。
また、良かったら寄ってやってくださいね。
非公開コメント

Calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archives

10  10  07  06  05  01  11  09  08  06  05  03  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  07  06  05  04  03 

Author : So Alone

難治性反復性うつ病患者。
’05年2月、抑うつ状態で休職。
なんとか復職するも再発を繰り返し、やむなく退職。
その後、再起を賭けた3度の転職もことごとく失敗。
これからの生活に不安を抱きながらも、必死に前を向いていこうと思いたいけれど・・・。

趣味:音楽。
ロックを中心に何でも聴く。
PSYCHE風味やR&B風味の効いたPOPやけどGUTSのあるギターサウンドが好物。
自分でもちょこっとギター弾いたりなんかもする。
ジジイになってもROCKなバンドやりたいなと勝手に思っている。

ご気分を害するような記述がございましたらお許しください。
戯言・泣言・寝言の類は軽くスルーしてやってくださいな。

Blog Search